<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

街へ繰り出す。
クッキングクラスが終わった2時ごろ。
まだまだ時間はあるし、タクシーをよんで街中へ繰り出す事にした。

マラケシュといえば有名な夜市がある。
旧市街の中心にあるジャマエルフナ広場。
昼間に来れば至って普通の広場。
屋台と言えばオレンジジュースの店やドライフルーツ、ナッツの店くらい。
っが夜になると様変わりする。
この変化が面白い。

10年前に来た時もこの夜市の活気と屋台の客引きに驚いた。
今回もやっぱり異様な光景にワクワク。
全く変わってない光景。
変わったと言えば客引の兄さんたちが喋るカタコトの日本語。
前回、来た時は日本人には「ナカタ」と話しかける人が多かった。
今回はちょっと古いけど4〜5年前に流行ったと思われる
(私が知ってるくらいだからその頃)
お笑い芸人のネタを言ってたけど、、忘れた。
誰に教えてもらうのか、意味をわかって使ってるのか
わからないけど、とにかくいろんな国の言葉を話す客引きは変わらない。

日が暮れる前にスーク(市場)を歩きまわり、日が暮れたら広場へ。

今回は自分で作ったランチを食べ過ぎてお腹いっぱいのため
ガッツリ系はやめておこう。
ということは。。

カタツムリのスープでも飲みますか!
今回は驚きませんよ。

味は濃く、塩っぱい。
カタツムリは角がリアルだけど意外にもエマは普通に食べてた。
ごめんなさい。と謝って。

夜市はますます盛り上がって来たところ、私たちはホテルへ戻る。

旧市街のフナ広場に到着。

オレンジジュースの屋台。

これがいっぱい50円程で美味しい。 滞在中、何杯飲んだだろう。

マラケシュに来たらスーク(市場)を歩いて迷子にならねば。

この店、覚えてるわ!

八百屋。

籠屋。

エマの部屋に何か買いますか。

ミント屋?きっとティー用だね。

レストランか?

気づけば夜市スタート。

カタツムリスープ屋さん。

ちょっとリアル。

でも食べる。

エマと写真撮って〜っとお兄さん。

モロッコの人は子ども好きが多いみたい。
| comments(0) | - | travel |
クッキングクラス。
モロッコ1日目。

街に繰り出すかホテルでエンジョイするべきか。。

ホテルには充実した施設があり、アクティビティもある。
さすがにプールサイドでフランス人ファミリーに紛れてに日光浴はせず
ライブラリーで本を読んだり、シアタールームで映画を観たり
ってこともなんだかね。

実はこのホテルを選ぶ時に気になっていたアクティビティがある。
モロッコ人が教えてくれるモロッコ料理のクッキングクラス。
日本でもタジンが流行ったと言うのにタジンを作ったことがない。
使用するスパイスも気になる〜
ということで参加しました。
どうやら参加者は私ひとり。それでも可能だけど
それならNさんとエマも一緒に参加しようということになり
3人で美味しいタジンを作って、頂きました。

可愛い小屋。

貸切となった伝統的なモロッコのキッチン。

下準備は万端でスタート。

やっぱりスパイスは大事よね!

完全に付き合わされた人。

ひとりでシール遊び。

蒸すのに時間がかかるタジンを先に仕込んで

これが一般家庭のタジンのコンロらしい。

次は茄子とズッキーニを使ってサラダ作り。

美味しいサラダが出来たらつまみ食い。

デザートはモロッコのパンケーキとクッキー。

チキンタジンの仕上げに入る。

クッキーも焼きあがった。

タダーン!(クッキングの先生)
チキンとレモンのタジンとラム肉とプルーン、アーモンドタジン完成。

お腹が空いて、勢いよく食べました。
| comments(0) | - | travel |
クリスマスホリデー。
昨年のことに戻りますが。。

クリスマスホリデーを利用して、10年ぶりにモロッコへ行ってきた。

前回のモロッコの旅はNさんと二人、しかも日数があったため
ドライバーを雇い、モロッコの砂漠エリアまで足を伸ばし、
道無き道を走り、浅瀬の川を車で進み、岩の道を突っ走り
そして砂漠の中で宿泊した。
なかなかにアドベンチャーな旅だったと思う。

今回は日数も少なく、エマもいることだし砂漠へは行かず、
マラケシュの街のど真ん中ではなく、郊外のゆったりしたホテルに宿泊。
街までは車で20〜30分ほどのとこ。

久しぶりに着いたマラケシュの空港はキレイになってた。けど
セキュリティが厳しすぎて時間がかかるかかる。
まぁ仕方ないけど、厳しいなら仕事をテキパキしてくれないと進みませんから〜。

っとその前に。。。

実はロンドンの空港で事件が。。

順調に空港に到着し、チェックインを済ませ、セキュリティも並ばず終了。
ラウンジ利用ができたのでゆっくりラウンジで昼食をいただき
あとはボーディング。。
というとこで事件発生。

飛行機搭乗に並ぶ前に風邪気味だったエマの鼻水を吸い取った。そして
その器具をお手洗いに洗いに行ったNさんについていったエマ。
そうとは知らず、重いドアを閉めたNさん。
そこにはエマの指が挟まってて。。
搭乗締切時間も迫った時のことでした。

珍しく泣き止まないエマにNさんは旅行を止めると言い
ちょいと待て。と私。
エマの指をみて、骨が折れていないか確認。
もちろん素人なので確実じゃないけど、前回同じ経験があったため
大丈夫だと思えたこと。
かわいそうに小さな小指が赤く腫れ上がったね。。
とりあえず、エマの反応と指の動きを確認し、搭乗の列に並びました。
CAにも事情を説明したけど、絆創膏をくれただけで何の効力もなく。
それよりエマの強さと回復力にあっぱれ。

結果、2日目には血豆になって回復傾向になったから良かったけど
骨が折れてたら大変だったよ。

曇りのロンドンから青空のマラケシュに到着。(すでに夕暮れ時)

到着日はホテルでディナーを食べ終了。翌日はもちろん晴れ。

ブレックファースト。

ホテルのプール。
昼間は20度まで上がるけど、さすがにプールに入るのは寒い。
のに欧米人は入るんだな。。

プールのシャワー。

クリスマスイブだけどツリーじゃなくてサボテン。

ホテルのライブラリー。

ゆっくり過ごせそう。

ホテルの敷地内で飼ってる動物たち。

すっかりエマの気も紛れました。

そんな旅のはじまり。
| comments(0) | - | travel |
2018年は健康に。。
正月と言ってもロンドンではピンとこない。
やっぱりクリスマスが一大イベントなのです。

クリスマスが終わってもクリスマスツリーはそのままに
ダラダラと年末になって、一瞬お祝いモードでカウントダウンして
でも元旦はパッとせず、とはいえクリスマスよりは店は開いてるし
何なら2日から通常営業。もちろん会社もスタート。
でもスタートにエンジンがかかるのは遅いイギリス人。
オフィシャルでは2日から通常に戻るはずが、
結局のところ5日くらいから活気が戻って来る。ってことは日本と一緒。

そんな分析をしてる場合ではなかった年末年始。

まずはニューイヤーズイブイブイブ(ってことは12/29)の夜
夜ご飯の餃子を仕込んでる最中に貧血のせいでクラクラと座り込んでしまった私。
景色がぐるぐる回って止まらなかった。。
たまの立ちくらみどころじゃなかったため、餃子を包み終えたら
そのまま就寝。(今は大丈夫です!)
きっとクリスマス旅行から引いていた風邪の影響もあってかな。

その翌日、予定していたスノーマンのミュージカルへ行き
脱・貧血のためにとランチに焼肉を食べに行った。
その時、エマをトイレに連れて行こうとしたNさんがまさかのギックリ腰に。
ランチ後に行こうと思っていたショッピングを諦め、
ブラックキャブでまっすぐホームへ。。。

そんな訳で大晦日、元旦はステイホーム。
ギックリ腰にはリハビリも必要ということで、
2日には何とか歩けるようになったNさんとエマとショッピング。

いいもの買えたことだし、悪くないスタートでしたが
やはりカラダにはもっと気を使って行こうと、
そう強く思う年明けなのでした。

せっかくロンドンに住んでるから今年はスマイソンの手帳。

2018年の手帳も年末にギリギリ購入。

年末の買い出し。

スノーマンのミュージカル。今年で2度目。

おせちの仕込み中。

今年はうちでカウントダウン。
ビッグベンの鐘の音と花火が鳴り響く。

面白みのないおせち料理です。

icoさんから誕生日に頂いたお重箱(右)と長年使ってる無印のお重箱。

京風雑煮もいただきました。(あっグリーン添え忘れた。)

have a lovely year!!
| comments(0) | - | daily |
色々おめでとう!
あけましておめでとうございます!
もう2018年が明けて一週間以上になりますが。。

やはり年末年始は忙しいもんですね。
さて、何から書けばいいのやら。

クリスマスの旅のこと?
年の暮れ?お正月のこと?
っは後に回すとして、
まずは直近の出来事から。

おかげさまで1月5日、うちのちびっこエマが3歳の誕生日を迎えました。
もう3歳。(まだ3歳?)
とにかく3歳。

これくらいの子供の成長って目に見えてわかるもんで
昨日まで話してなかった言葉や言い回し、おせっかいな口調や呆れ口調。
何ともうまく使いこなすようになっていてびっくり。
日本語を話す人なんて彼女の周りにあまりいないから
Nさんか私の言葉を真似してるのよね?
あとはエマが好きな唯一の日本のアニメ、ちびまる子ちゃんから学んでる。
っと言うことで昭和なにおいがプンプンしつつ、関西弁という
何とも癖のある話し方になってます。

そんなエマの誕生日は盛大に!
っと言いたいとこだけど、年末年始のバタバタの延長で迎えた誕生日。。
残念ながら準備する時間もなく、人を招待するスペースもなく
という事で地味〜に祝いました。
来年の彼女の誕生日は日本だろうし、みんなに盛大に祝ってもらおうね!

学校で作って来た王冠とたくさん作っておいたバルーン持って。

スリーイヤーズ!

エマチョイスのケーキ。(今年は作れなくてごめんよ)

エマのフォークにびびってるバニー。
ご馳走は。。とくになし。
でも私の誕生日にオーダーしたロブスター再び。
あとはシャンパンですな。


翌日。

インテリアスタイリストの恩師の息子さんが短期留学でロンドンへやってきた!
と言うことでウェルカムパーティー。

うちに来る前にパブで集合してビールでチアーズ。
そのあとは我が家にてワインとスペインタパスで乾杯!

彼とはNYで会って以来の再会。
彼がNYに遊びにきた時はエマはお腹に居たからエマとは初対面。
日本から誕生日プレゼントを持ってきてくれて、エマも大喜び。

そのあと再びパブへ。

ようこそロンドンへ!2か月間、楽しい学生生活を!
| comments(0) | - | daily |
フライトキャンセル!?
バルセロナの続き。。

結婚パーティー翌日のこと。
さすがに10時間ほど飲み続けていたこともあり、多少の二日酔い。
それでも「多少」になったのは最後のダンスタイムのお陰かな。
結構、踊ったもん。
体の節々が痛いのは仕方なし。

フライトは夕方だし、特に予定もないし、ゆっくり寝ていたいところ。
っが朝8時前には元気いっぱいエマに起こされ渋々起床。
そうなのよ。彼女はいつも通りお腹も空くし、目も覚めるのよね。

っが今回は目覚めて正解。

NさんのiPhoneに届いたメッセージに気づくことができたから。

なんと、ロンドンへの帰国便がキャンセルされたって。
私たちのこの日のフライトは夕方発のイージージェット。
イージージェットは翌日以降しかフライトがないという事で
すぐに別の会社で帰国便を探さねばならない。
(ってNさん任せだったけど)
これがローコストキャリアのこわいところ。
早急に探し始めたお陰でライアンエアーのチケットを確保できた。
っが夕方発の予定が13時発のフライトに。
前回行けなかったピカソ美術館とクリスマスマーケットにも行きたかった〜
もちろんどちらも断念。
でもホテルのお兄さんおすすめのピンチョスバルで
朝食兼ランチを食べることができたし、
何より早い時間にロンドンに帰れるのは良かった。

っと思っていたけど。。

なんと、この日はロンドンに大雪が降ったようでまさかの交通マヒ。
だからイージージェットも欠航にしたのだろう。
予定より早く着くはずが、ロンドンの雪の影響でバルセロナの出発時間が遅れ、
さらにロンドン近郊で旋回飛行。
やっと着いたと思ったらタクシーに行列、もちろんUberも空車なし。
電車で帰るしかないのに電車のチケットを買うための行列が。。
なんとOysterカード(suicaみたいなもの)が使えない鉄道だった。
そんなこんなでうちに着いたのが夜の8時。
7時間もかかったよ。

さすがに大雪が降っただけあって、かなり寒く、雪もまだ積もっていた。
出発地点のバルセロナが17度あっただけに寒さが身にしみました。

まっこんなことも旅にはつきものってことで。

っと懲りずにクリスマスホリデーの明日から、モロッコへ旅立ちます。

朝、下のカフェで買ってきてもらったデトックスドリンクを飲む。

ホテルを早々にチェックアウトして。

イエローのポストと撮影。日曜の朝は街に人がいない。。

午前中から開いてるピンチョスバル。

ピンチョス食べるならやっぱりビールもね〜。

バルセロナ空港でもキャンセル便の手続きしてる人がちらほら。

ここまでは順調だったんだけどね〜。
ここからが長い道のりでした。。
| comments(0) | - | travel |
ウェディングパーティー!
友人カップルの結婚式当日。

バルセロナ市内に宿泊していた私たちは手配してくれていたバスに乗って
バルセロナ郊外の街にあるパーティー会場へ。
式は1時スタート。
素敵なガーデンに招待客が集まって行く。
そこでセルジとセルジファミリーに挨拶して、主役の二人ともハグ。
招待客が集まったところで屋内に入り、結婚式の始まり。。
花嫁のマリーニャはお父さんと共に入場。(これはどこも共通の儀式かな)
どうやら神父さんはおらず、お互いの友人たちがマイクをとり、
挨拶をしたり彼らに質問をする。
スペイン語なので曖昧にしか理解できず。。
(しかも会場の奥の方に二人が座ってて全く見えず。)
一連の儀式が終わったらチャビとマリーニャが退場。
そして再びみんなガーデンへ。
シャンパンが配られ、軽いタパスを食べる。
そこからスペインスタイルのパーティースタート!
しばし雑談したら、今度はバルコーナーの会場へ移動。
そこではそれぞれが飲みたいものをバーテンに注文するシステム。
もちろん、バルスタイルなので椅子はない。
そしてウエイターによってオサレ〜なタパスが運ばれて来る。
これだけでも結構お腹いっぱい。
ここでもさらに雑談。
夕方4時ごろ。
ここでメイン会場へ移動し、改めて食事スタート。
(これはランチなのか?ディナーなのか?)
私たちはセルジ親族に混じって席が準備されており
お陰で彼らのいとこ達とも仲良くなった。
約3時間ほどかけてゆっくり食事は進み、その間ワインも進む。。
そしてスペイン人はほんとよく喋る。
夜の7時過ぎ、次はダンス会場へ。
バイラバイラ!(踊れ踊れ!)

っとまぁ事前にパーティーは夜の11時まで続くよーっと言われてたので
覚悟はしていたけど、さすがに疲れました。
私たちは10時前には退散。

席についての食事中、エマはぐっすり昼寝してたため
その後のダンスタイムに本領発揮。
私たちもゆっくり食事ができたし、みんなともたくさん話せたし、踊れたし
ホント楽しかったなぁ。

翌日は二日酔いとダンスのせいかカラダの節々が痛かったのは言うまでもなく。。

ホテルのサロンにて朝ごはん。

時間はあるししっかり食べておきましょう。

会場。

天気が良くてよかった〜。

チャビとマリーニャの娘、ヌール。(の後ろ姿)

キレイな花嫁さんとダンディーなパパ。

奥の方は親族のみ。

退場。

やっぱりFuet(ドライソーセージ)とポテチなのね。

バルの会場で唯一あった席は両家のご両親たちに。

エマを寝かせるため、敷地内をぐるぐる。
空気が清々しく、いい休憩になった。

エマが寝て戻ったらメロンタイム。

親族の撮影。この後私たちもなぜか仲間入り。

メイン会場。日本のパーティーはこれがスタートよね?

再び二人の入場シーン。

ナプキンをぐるぐる回して出迎える。

エマが目覚めた頃にはデザートタイムに。
そしてセルジのいとこ夫妻にすっかり馴染むエマ。

最期はダンスタイム!


翌日はロンドンへ。。
実はちょっとしたハプニングが!?
| comments(0) | - | event |
バルセロナへ!!!!!
先週末、バルセロナへ行ってきた。
今回はバル巡りではなくスペシャルなイベントがあって。
それは。

スペインのファミリーと言っても過言ではない友人カップルの結婚式。
チャビとマリーニャ。

彼らには2歳になる女の子がいる。
だけど今、結婚。
どうやらスペインでは珍しいことではないようで
なんなら今の流行りだとか。

何にせよめでたいこと。
招待してくれたからにはもちろん出席しますよ。
(日本に帰国してなくてよかった〜)

式は土曜日。
バルセロナには金曜の午後入り。
別件で会いたかった友人、パトリとジャウマは残念ながらバルセロナにおらず。
(どうやら彼らも旅行中でフランスに居たとか)
ということでサグラダファミリアに10年(以上だな)ぶりに入場することに。
外観は毎回訪れる度に見ていてその変化に驚くけど
内観にはもっと驚いた。
もう完全に出来上がってる!
私が前回入った時はまだまだ未完成で石や砂があったような気もする。。
それでも完成まではあと10年弱かかるのよね〜
とにかく何度見ても圧倒されることは間違いない。

サグラダファミリアを見た後は翌日の結婚式で必要な服を買って
バルでビールを引っ掛けて、ホテルのレストランでディナー。

翌日は一日中パーティー。
この日は早めに就寝です。

出発日のロンドンはマイナス。バルセロナは比較的暖かい。

今回の宿泊先。

部屋はシンプル。

サグラダファミリアに行く前に一杯。

と思ったら、エマが昼寝から目覚めないためもう一軒。

そして見えてきました。

圧倒される。

天井の高さも半端ない。

ショッピングとバルの後はホテルのレストランへ。(アジアンです)

人気店らしいけど早い時間帯のため入れた。

こちらもホテル内。(夜だけオープン)
さて、とっとと寝ましょう。


続く。。
| comments(0) | - | travel |
英会話仲間と。
11月末のこと。
エマのスクールの先生たちの研修のため、休みになった火曜日。
以前、通っていた英会話スクールの友人たちと久々に会うことに。
夏に本帰国した友人がロンドンに遊びに来るということで
ちょうどいいタイミングで会う時間できてよかった。

エマも久しぶりの(エマの)友達と会うのを楽しみにしていたけど
一人は風邪で来れず、一人はランチ中、ずっと昼寝で目覚めず
結局、先に帰ってしまった。。
まぁ彼女は大人だけの集まりも得意なんですが。

昼からシャンパンを飲み、食事を楽しんだあとは
あまりパブに行ったことのない友人たちを連れてパブへ。

またみんなで集まれるといいね。

古い電話ボックスを使ったコーヒースタンド。

まずはしゅわしゅわでチアーズ!

料理はそーそーかな。

私の地元じゃないけど、パブは見つけますよ。

犬もウェルカム。

ちびっ子もウェルカムはありがたいね。
| comments(0) | - | daily |
フクロウがやってきた!
何とも面白い(というか親にとっては面倒というか)
そんなロンドンのスクールならではの今回のミッション。
それは。。

スクールからぬいぐるみを預かり、うちで遊んだり、一緒にお出かけしたり
ぬいぐるみ(フクロウ)と過ごす日常を写真に撮って日記を書く。
ってこれって結構面倒な宿題よね!?

フクロウがやってきた週末はNさん同期のうちで鍋パーティー、
そして日曜はポスタルミュージアムへ行く予定だった。
まぁイベントとしては申し分ない。
(っがさすがに酔っ払ってる姿は写真に納められませんが。)

フクロウさんはエマの元に来る前に20軒ぐらいのお宅訪問をしてきたらしく
白いカラダはグレーに。
プールにまで一緒に連れて行った人もいて、経験豊富らしい。
きっとみんなに投げられたり、鼻水つけられたりしてきたのだろう。
エマもしっかり可愛がってました。

まずは金曜日。プレイルームへ行く途中、最初の記念撮影。

プレイルームを開催してるチャーチでも一枚。

プレイルーム後、フクロウさんとエマが昼寝してる間にビールを引っ掛けてと。

この日は中華レストランで外食。

しっかりフクロウさんにもご飯を食べさせてる。

もちろんそのあとは自分も。

翌日。友人宅へ向かう電車で昼寝の一枚。

無理やり感はあるけど鍋とフクロウさん。

手長海老。

スクランブルエッグ with トリュフ。
(イタリア、ボローニャで買ってきたという生トリュフ。)

ちゃんとフクロウさんと遊んでますよの一枚。

日曜日。ミッションはこの日まで。
ポスタルミュージアムにて。

エマもフクロウも楽しんだことでしょう。

エキシビジョンにて。
| comments(0) | - | daily |
| 1/110PAGES | >>