<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

it’s time to go back...
to Japan!!!!!

オフィシャルで発表が出ました!
日本へ本帰国です。
(7月中旬帰国予定。)

NY生活、2年8か月。
ロンドン生活、2年ちょっと。
5年弱、離れていた故郷に帰ることになりました。
長かったようで短かった今回の海外生活。
何か変わったかなぁ〜。何も変わってない気がするなぁ。
相変わらず飲みに行ってばっかだし、やっぱりパーティーしてるし
ショッピング好きだし、でも断捨離したいし。
英語は多少、喋れるようになったかな。
耳は成長したよ、きっと。
スペイン語は落ちたなぁ。。
身なりは気にしなくなったなぁ。
トレンドのファッション、美容なんて無知だわ。
エクササイズなんてのもゼロ。
昔は100回軽くできた腹筋、今は何回できるんだろう。。
できないかもよ。

何はともあれ、エマというお調子者でスーパーシャイで
ひょうきんな家族が仲間入りしたってことは大きな変化だね。

昨日、本帰国が決まり、そしてあれよあれよと東京での住まいも決定。
さらに今、生活してるこのフラット(アパート)に
「To Let」という看板が立てられ、いきなり今日は見学が入る。
一気に現実的になりました。

これから2か月弱、パーティー、ミュージカル、旅行、
アンティークマーケット、パブ、ミュージアムetc...
行き残りがないかチェックしつつ、断捨離に励みます!!


日本の皆さん、浦島太郎になった私とまた遊んでやってくださいませ。
| comments(0) | - | daily |
BBQシーズン到来!!
旅の話がやっと終わって、何から書き始めたらいいのか。。

日本のGWに東京からやってきた友人と行ったあれやこれや。
はさておき、
友人が帰国した翌日から急に夏日和になり
(ってことは友人は悲しいかな天気が悪いロンドンを経験したわけで。。)
そんなこんなであれよあれよと今年初のBBQを開催し
さらにはプール開きまでしちゃったという、そんな最近。
天気がいい日も1週間以上続くという異常なロンドン。
もちろんこの異常は有難いことで、ロンドナーも浮足立ってる感じ。
この週末は久々にロンドンらしい天気に逆戻りだったため
BBQはしなかったけど、先週末は連続パンチで楽しみました。

今年初のBBQはNさんのオフィス仲間を招いて。

久々にケーキも焼いてみた。

なかなか可愛いじゃない?!

サイコーにいい天気。

そして我ながら焼き鳥がうまい!

ロンドンにだって雲がない日もあるんです。

エマはシャボン玉で遊んでたけど。。

そりゃね、入りたくなるよね。でもちょっとまだ寒かったらしい。

私も日焼けしたよ。

BBQの後はエマを昼寝させつつ近所の公園へ。
もちろんビアとワイン持って。

みんなやる事は一緒。ロンドナーはピクニック好き。

そして翌日のディナーもBBQ。

前日の残り物だけど満足。

そりゃお弁当もBBQの残り物ですよ。

さらに翌日、この日もいいお天気。

ってことでまたもやBBQ。この日は野菜メインで。

チキンはそのまま焼いて。

やっぱり水遊び。

スプリングネギがうまい。

エマはキノコばかり食べてこの顔。

完全にお調子者。
| comments(0) | - | daily |
2度目のセビジャ。
やっと最後の目的地、セビジャに来ました。(ブログが)
普段の出来事でさえなかなか更新できないってのに
15日の旅を(しかも毎日何かしらある)更新しようと思ったら
そらもう、時間がかかるわけで。。。(言い訳です)

後が詰まってるので、4日間を短縮して1回で済ませようと思います。
(ズボラですんません)


セビジャ。
初めて来たのはちょうど10年前のこと。
マドリッドに住み始めて、すぐに訪れた街。
もちろんスペイン語なんてパッパラパーだった。
そしてまだ慣れないスペインで早速洗礼を受けたのもココ。
マドリッドから長距離電車(新幹線みたいなの)でセビジャに着いてすぐ
やられました。置引きというかスリというか。貴重品全て。
油断してた訳じゃなく、警戒しすぎて。。。
持ち逃げしたオッチャンの顔は今でも覚えてます。


っとこんな思い出話に耽ってる場合じゃないね。
今回の旅はそんな苦い思い出もひっくるめてリベンジ!というより
もう一度行きたかったバルに行き、本場のフラメンコを楽しみに来たのでした。

リスボンから到着したのは夕方。
早速宿泊先のアパート近くバルで引っ掛け、
やっぱ、スペインはいいなぁ〜っとホームに帰って来たモード。
夜はスーパーで鮭、卵、ほうれん草、 そして「sushi rice」と書かれた米を
試しに買い、残っていたインスタントの味噌汁で朝食のようなディナーを頂く。

翌日は朝を控えめに、12時オープンの人気バルへレッツゴー。
ここはスペイン中のスペインバルでもNo.5入りするバル。
もう一度行きたいとずーーーーっとおもっていたお店。
この日はカウンターでいただき、まだまだ食べ足りず2日目もこちらで。
実は3日連続行こうと思ってたけど、さすがに違うバルにも行かなきゃね
って事で3連チャンはならず。
でもこのバル、タパスのクオリティー、コスパ、サービスがすごいんです。 毎日、開店と同時に行かないとすぐに満席なってたもんね。

もちろん、ほかのバルもたくさん行きましたがな。
だって、セビジャ、特にやることがないんだもん。
あっフラメンコね!そうです!これはすごかった。やっぱり。
エマも影響受けて、地団駄ふんでた?いやっ踊ってました。

そんなイースター最後の街、セビジャの旅。
さすがにこの時には旅にも疲れ、観光はフラメンコのみ。
1番のんびり過ごした街だった。

セビジャ到着後、早速バル。

イベリコ〜。

これでも6時。4月初旬なのにすでにアンダルシアの夜は長かった。。

翌日。エマ流コーデ。

ここです。

あ〜この貝、覚えてる。エマもかなり気に入ったらしい。

ガスパチョじゃないよ、サルモレホ。
ブラボー!

外に出ると人が溢れかえってる。

食べた後はシエスタ。すごい顔で寝てるし。。

次にすることは。

もちろんハシゴ。

そしてハシゴ。

もいっちょ。

Hoola!!

翌日。

カフェコンレチェでスタート。

2日目のランチも例のバルへ。

やっぱりタパスのレベルを超えてます。
この日も外に出たら人で溢れかえってました。

キオスク大好き。

ウォールアート?

食後の運動。

エマタイムは続く。。

公園から去ろうとしないエマをアイスクリームで釣って退散。
あとは寝るまで歩く。

歩く。

エマが寝て行きたかったパブについたと思ったらシエスタに入った。。
(ほとんどのバルは16:30~20:30がシエスタに入る)

気を取り直して歩く。
イイトコ見っけ。

料理を提供してないバルはシエスタなし。

エマの服とタイツ、靴下購入。

靴屋のオッチャンに教えてもらったセビジャ料理が食べれるバル。
この時間はドリンクは飲めるが料理のサーブなし。
翌日にリベンジ。

アパート近くの人気パブで早めのディナー。

走って帰る。

そして次の日。色々リベンジ。
前日、シエスタに入ってしまったバル。

ウィンドウショッピングも楽しむ。

エマらしくないからここでは買わなかったけど、
サンダル2足をデパートにて購入。

観光しようと思ったけど、長蛇の列ですぐに諦めた。

2つ目の目的はフラメンコ!

テンション上がってまた走る。

早めにアパートへ戻り、冷蔵庫にある残りの食材を使ってディナーを済ませる。
ランチは靴屋のオッチャンおすすめのバルでリベンジできたし
思い残しなし!

翌朝、15日間の旅を終え、ロンドンへ帰るのでした。
| comments(0) | - | travel |
リスボン最終日。
充実したリスボンの最終日。
これまた魅力あるたくさんの店に出会い、ショッピングして
足が棒になるまで歩いて、少し未練を残して終了。
色んな意味で充実したリスボン。
クロアチアやポーランドといったまだ未知だった国を旅した時より
私にとって断然楽しかった街、リスボン。
毎度期待を裏切らないのはマドリッド同様、単に私好みってこと。
だから最近は行ったことのない国を旅するより、
楽しかった思い出のある街を選ぶようにしてる。
嗚呼、帰国までにもう一度リスボン、マドリッドに行きたいなぁ。。

未練タラタラ。

最終日は前回の旅で興奮して大量購入した缶詰屋さんへ。
前回はかわいいおばあちゃんがラッピングしてくれたっけ。

早めのランチは缶詰屋さんの隣で。
まだ店内はガラガラ。

これぞポルトガル料理!

Nさんのオーダーミスにより、2つもライスが来ちゃったけど
美味しかった〜。エマはイワシを3つ完食。

今回はトラムに乗ることなくひたすら歩く。

歩けばかわいいタイルを発見。

アーティスティックなオサレショップも発見。

カテドラルにも入っとこ。

こういう景色もポルトガルらしい。

エマを寝かしがてら城を見学。
景色はいいが風が強すぎて飛ばされるかと思った。

城から下に降りて来てまた坂を登る。

目的地はタイル屋さん。

割れたタイルは量り売り。

東京の合羽橋のようなお店でひと通り見て興奮して購入して。
その目の前にあったソーイングの店でまた興奮。

まだまだこういう専門店が頑張ってるリスボン。

このお店は宿泊していたアパートと同じオーナーが経営してる。
ちょっと今どきでしょ。

最終日は早めにアパートに帰宅そして片付け。
翌朝、早めのフライトでイースタートリップ最後の街、セビジャへ。
| comments(0) | - | travel |
リスボン2日目。
もう1か月前になるイースターの旅。
省くべきかと思いつつ、やっぱりいい旅のことは端折れず。
ダラダラ書いてます。

リスボン2日目(実質3日目。)
朝、部屋に届くパンは美味しく、この日は何が届くのかワクワク。
ロンドンは残念ながらパンが美味しくないので、これは嬉しいサービス。

この日は最近ブームという少し郊外にあるファクトリーへ。
昔、工場だった場所にアートな店舗や飲食店が入り、
今は人気スポットとなってるようだ。
ここでショッピングしたり、軽く食べたり。
朝降っていた雨も止んですっかりいい天気に。
そのあとは街中に戻りつつ、またまたショッピング。
いいものあるわ。
子供服、タイルの店、オリーブオイルのお店。
喉が乾いたらキオスクで飲めばいいし、リスボンサイコー。

この日届いたパン。

バスに乗ってファクトリーへ。

うまく利用してるね。

窓はどこへ?

カッコいい。。

青空に映える色合い。

本屋。

ポルトガルスタイルのホットドッグ屋。

ファクトリーを後に。
またまた坂を上がって行くとリスボンらしい景色。

ラブリーな子供服屋発見。

そしてタイル。

このタイルもかわいい。

えーっとどこだっけ。有名な建物の前で。

ディナーは近所のレストラン。やっぱりタコはうまい。

夜のトラム。

ふつーの生活雑貨屋さんで買ったふわふわの靴下。
意外とかわいい。
| comments(0) | - | travel |
釣り道具屋?
ポルトガルと言えばオクトパス!
そんなイメージがついたのはタコの壁画アートを見たからではない。
以前、リスボンに来た時もポルトに行った時も
漁師飯のようなタコ入り飯?タコのリゾット?を食べて感動したから。
今回もタコの料理を食べたい!
と思って歩いていると気になるお店発見。
んんん?なんか知ってるぞ?!

なんとリスボンに行ったら絶対訪れたいと長年(5年くらいだけど)
思っていたバルをたまたま発見したのです。
それはNYに住んでいた時に視ていた旅番組で知ったバル。
閉店した釣り道具屋をそのまま使ってバルにしたとか。
それがうまく再利用されてて。
料理はポルトガルで有名な缶詰フードにちょっと手を加えてサーブする。
確か数年前に東京でも缶詰バーが流行ったような。。
そんな感じ。(もっと野暮ったさが残っていてカッコいい)

もちろん入店。
夜は混み合うようだけど、まだ夕方。空いていてちょうどよかった。
そこでタコの缶詰発見!
早速、vinho verdeとタコのおつまみをオーダー。
お店のスタッフも感じいいし、店も可愛いし、大満足。
また数年後、リスボンを訪れた際には必ず行きたい、
そんなバルでした。

外から見たらバルに見える。

中に入ると。。

メニューは釣り竿。

席が低いのも何だか落ち着く。

どの缶詰もオーダーできて、購入もできる。

釣りには興味ないけど、道具はカッコいい。

さてアパートに戻りましょう。
| comments(0) | - | travel |
リスボン1日目。
改めてリスボン1日目。

前日は夜の9時前にリスボンに到着したからね。
でもすでに街並みや食べ物、ビールにワクワクしてる。

1日目にしてリスボンの日程を長くすりゃ良かった〜っと思うほど。
やっぱりいい。
10数年前に来た時も興奮した記憶があるけど、またもや興奮気味。
なぜに私はもっと早くここに来なかったのだろう?

と言ってても仕方ない。
早速、行ってみよう。

朝はゆっくり起床。
と言いたいとこだけど、いつも通りエマに起こされ8時前に起床。
ここでの宿泊先もアパートホテル。長旅にはキッチン付きがベスト。
ちょっとおしゃれで新しいこのアパート。ロケーションもいい。
朝は8時に焼きたてパンとオレンジジュースが届く。
冷蔵庫にはヨーグルトとチーズ、ハム、ジャムとバターが常備され
無くなれば追加してくれる。
もちろんコーヒーはネスプレッソのカプセルコーヒー。
これはお決まりだね。
朝から美味しいパンを頬張れてエマも大喜び。
何より大好きなフレッシュオレンジジュースが毎朝飲めるんだから
そりゃ早起きするよね。
天気もいいし、暖かいし、とにかく外に出てみますか。

おっと忘れてた。この街は坂が多った。。
前回は気にならなかったけど、今回はエマと一緒。
バギーが無いのもキツイしあるのもキツイ。
でも諦めるのは嫌。
ということで父ちゃん母ちゃん、頑張りました。

アパートのキッチン。
清潔、シンプル、必要最低限のものあり。(赤ワインボトルもサービス)

ナショジオがずらり。

部屋からの眺め。坂です。

外に出ると早速、坂の試練。

そうそういろんな柄のタイルがいいのよね〜。

海が見える!

彼女も頑張って坂のぼり。

美味しいもんを目指して登りきった!

まずは冷えたvinho verdeとスープ!

ちょっと贅沢にロブスター入り!うまい〜。

モダンなポルトガルレストランでした。

このトラムで上まで上がればよかったのか〜。

やっぱり上まで上がるといいことある。いい眺めとミュージック。

ちょっとショッピング。(ここショッピングセンターです)

昔の建物を残して使う。ヨーロッパってそういうのが上手。

たくさんの柄のタイルがあって、それだけでも散歩が楽しい。

公園の横でビール。

こういう文化はスペインと似ていて大好き。

ウォールアートはオクトパス。

ここにも!?


タコが食べたくなって来たぞ。。。

続く。。
| comments(0) | - | travel |
ローマ4日目、5日目。そしてリスボンへ。
ローマ4日目。
もう一つ重要な観光地が残ってる。

コロッセオ。
思いもかけず外観は見てしまったけど、まだ中を見ていない。
イースター前日のせいか急遽12時以降は入場不可になったようで
急いで向かったもののすでに大行列。
購入していた行列パスのチケットは使い物にならない?!
っと思いつつも並んで何とか時間内に入場できてホッ。

外観はもちろん、中も迫力あって2000年の歴史の重みを感じる。
まだ残ってることが信じられない。
どれだけの人が犠牲になったのか、少し寒気もする。
人の多さと大き過ぎるコロッセオに圧倒されたせいもあり
チケットについていたフォーラム(古代ローマの集会場)は
ちょこっと見ただけで終了。
欲張り観光は疲れるね。
そのあとはビール飲んでランチを食べて。
最後のローマの午後はゆっくり過ごして。
スーパーで買出ししてディナーはアパートで軽く済ませ、荷造り。

翌日はこの旅初の雨。
ローマからのフライトは夕方。
最後にもう一度パンテオンとトレビの泉へ。
そしてアパート近くのカフェでビールを飲む頃には
太陽が再び顔を出した。
ローマを後にし、この旅3都市目のリスボンへ。
夜に着き、喉は渇いてるし小腹も空いてるし、
とりあえず近所のローカル食堂へ。
やっぱりポルトガルはビールがうまい。
エマはオレンジジュース、そしてチキンにポテトとスープで満足。

早速言おう。
ビバ リスボン!!

インサイドのコロッセオ。

観光客はすごい人数だけど、ここは5万人収容するんだからノープロブレムね。

ランチタイム。オソロだったね。

またまたカルボナーラ。

午後はのんびりアパート近所のポポロ公園で。

おうちディナー。

翌日。パンテオン。

一応、確認。天井の穴から雨が降ってきてました。

こちらももう一度。噴水好きのエマのために。

天気が良くなり、サングラスの出番。

エマはオレンジジュース。
そして空港へ向かう。。

飛行機にて。

夜リスボン着。近所の食堂。

このサイズのビールは嬉しい。そしてポルトガルスープも嬉しい。

なかなかに美味しいディナーでした。
| comments(0) | - | travel |
ローマ3日目。
ローマ3日目。
そろそろ和食が恋しくなってきたね。

実は和食が食べたいとずっと言っていたNさんが見つけてた
日本食レストランで前日の夜は鍋焼きうどんを食べた。
悪くはないけどやっぱりね、見た目にも豪華ではないし無駄に高いし
日本食レストランは避けたいところ。
そう思っているのは私だけ。
ということでローマ3日目の朝はロンドンから持って来た米を炊く。
そして卵焼きとほうれん草。インスタントの味噌汁も。

もちろんランチはイタリアン。
ローカルイタリアン食堂はオープンと同時に入って正解。
大人気のお店であっという間に満席。
ワインは安いし、料理は美味しいし、大満足。
この後、バチカンへ行く前にバールでエスプレッソを引っ掛けて
いざバチカンへ。イースターの週だったからかすごい人。
行列をパスできるチケットを買っていたからよかったものの
あの人の多さはすごかったね。
初めて訪れたバチカン。ローマ法皇はそこに居たのね。
約3時間の長いツアーが終わり、一気に眠気がやってきたエマは爆睡。
私たちはバチカンを後にし乾いた喉を潤すべく
ワインではなくビールを求めパブが多いというエリアへ。
喉が潤ったらワインのお店へ。
軽くつまんだらお腹もいっぱいに。
少し物足りないNさんとエマはアパートに戻って出前一丁。
あらあら。

長旅だもんね、こんな日もあるさ。

朝ごはん。

ランチは食堂で。

やっぱりカルボナーラ。

そしてエマ、お気に入りのパスタ。

あっという間に満席。

食後はバールでエスプレッソ。

いよいよバチカンへ。
バギーを持ってきたのは間違いだった。。

丁寧なガイドさん付き。

見所あり過ぎて、何がなんだか忘れた。

イースターの前日にテレビで放送されてた場所。

いい眺め。

神聖な場所でした。

パブみっけ。

やっぱドラフトビアよね!

天気よし。

バールも多いしいいエリア。

ハウスワインも十分美味しい。

この日もよく歩いた。

〆のラーメン。
野菜がなくてソーリー。
| comments(0) | - | travel |
ローマ2日目。
ローマ2日目。
ショッピングスタート。
スペイン坂経由で前日とは違うエリアへ向かう。
ランチは少しゴージャスに。
タイミングいいのか悪いのかエマが寝てしまい
私たちはゆっくりランチを食べれたけどエマはランチを逃す。
バスに乗ってまた違うエリアへ行き、 エマのランチタイム。
ちょっとしたショッピングエリアを楽しみ歩いていくと
なんとそこにはコロッセオ。
別の日に観光する予定だったためまさかの不意打ち。
でも何度も見れるもんじゃないし、目に焼き付けておこう。
そして再び目的地を決めて歩き出す。
ワイン休憩入れつつ、もちろんエマのジェラート休憩、
ドーナツ休憩、そしてまたもやワイン休憩。
あっという間に一日は過ぎていく。。

続く。。

スペイン坂アゲイン。

ちょっとモダンなイタリアンレストラン。

手の込んだ前菜は注文してないけどサービスで。

ローマが発祥の地、カルボナーラ。
美味しいけどちょっとチーズの味が強過ぎたな。

美味しいランチを逃したエマは一人でピザ。(ソーリー)

出た!コロッセオ!

この迫力を前にしてわざとスカした顔してる。

ワイン休憩。

ひたすら絵を描いて遊ぶ。

ドーナツ休憩。強面のオッチャンのドーナツ。

やっぱりワイン。イタリアはビールじゃないね。

ここでも絵。実はオモチャが恋しい。。

カッコいいバールだった。
| comments(0) | - | travel |
| 1/114PAGES | >>